資格に関わるご案内

資格継続単位認定希望の方は必ず御確認ください。

公益財団法人 健康・体力づくり事業財団
「健康運動指導士及び健康運動実践指導者」資格をお持ちの方

「シニア・健康管理コース」・「シニア・運動指導コ-ス」・「ジュニア・少年少女指導者コース」・「ジュニア・アスリート指導者コース」は、公益財団法人健康・体力づくり事業財団 健康運動指導士・健康運動実践指導者の登録更新単位と
なります。健康運動指導士及び健康運動実践指導者の登録更新に必要な単位として、全て受講した場合、

  1. 「シニア・健康管理コース」は、全6回:各回90分(1.5単位) 講義180分(3.0単位)、実習360分(6.0単位) が認められます。(認定番号166442)
  2. 「シニア・運動指導コース」は、全6回:各回90分(1.5単位) 実習540分(9.0単位) が認められます。(認定番号166443)
  3. 「ジュニア・少年少女指導者コース」は、全6回:各回90分(1.5単位) 講義540分(9.0単位) が認められます。(認定番号166448)
  4. 「ジュニア・アスリート指導者コース」は、全6回:各回90分(1.5単位) 講義540分(9.0単位) が認められます。(認定番号166449)

また、昨年度から、「健康運動指導士および健康運動実践指導者」の認定講習会は、公益財団法人日本体育協会の「公認スポーツ指導者」の「義務研修会」としても、利用できることになりました。どちらの資格もお持ちの方は、受講前に認定単位をご確認ください。

公益財団法人 日本体育協会
「公認スポーツ指導者」資格をお持ちの方

ジュニアコースは、公益財団法人 日本体育協会公認スポーツ指導者の義務研修認定事業となります。
ただし、水泳、サッカー、テニス、バドミントン、剣道、空手道、バウンドテニス、エアロビック(上級コーチのみ)、
スクーバ・ダイビング、スポーツドクター、スポーツデンティスト、アスレティックトレーナー、スポーツ栄養士、
クラブマネジャー、プロゴルフ(教師・上級教師)、プロテニス、プロスキーの資格者については、 別に定められた条件を満たさなければ資格を更新できません。(平成28年4月1日現在)。

なお、「資格更新のための義務研修」の考え方としては、3時間以上の受講が条件となりますので、全6回中2回(計3時間以上)受講すれば、義務研修として認められます。

関連サイト
お問い合わせ
OSAKAスポーツ大学運営事務局
大阪市浪速区湊町2-1-57
産経新聞社内
TEL:06-6633-9254
(平日10:00~17:30)